沿革

大正14年(1925) 古河市に於いて宮戸安之助が製菓業を開業。
当初はアメ菓子類を主体に製造。
昭和16年(1941) 古河市本町四丁目に移転し、製菓工場を新設。ビスケットの製造を開始。
昭和24年(1949) 古河市平和町に製粉工場(日産3,000袋)を新設し、名実ともに製粉製菓の基礎を築く。
昭和27年(1952) かりんとう工場を新設し、製造を開始する。
昭和38年(1963) 創業者 宮戸安之助が不慮の交通事故により死去。
妻 宮戸たきが事業を継承する。
昭和40年(1965) 宮戸製粉製菓株式会社として法人組織に改組し、資本金1,000万円、代表取締役に宮戸たきが就任。
昭和42年(1967) より優れた製品供給のため、バンドオーブンを導入し、ビスケット製品のオートメーション化に踏み切る。京浜及び阪神地区に販路を拡大し、その製品の優秀性が認められ、確固たる地盤を築く。
昭和43年(1968) かりんとう製造機械の設計を独自で行い、特殊工程による製造を開始する。
昭和44年(1969) 新株発行により、資本金2,000万円となる。
昭和46年(1971) 称号をミヤト製菓株式会社に変更する。
昭和54年(1979) 清涼飲料水の製造を開始する。
昭和57年(1982) ケーキドーナッツの製造を開始し、生製品への第一歩を踏み出す。
昭和59年(1984) あんドーナッツの製造を開始する。
昭和62年(1987) 創業60周年記念行事を行う。
平成3年(1991) 3月に本社工場を猿島郡三和町下片田に移転。
11月に新株発行により資本金8,000万円となる。
平成6年(1994) 創業70周年記念行事を行う。
平成7年(1995) 宮戸武明が代表取締役に就任する。
平成8年(1996) 新本社工場落成5周年記念行事を行う。
平成9年(1997) かりんとうの個包装タイプを発売。
平成14年(2002) ふ菓子の製造を開始する。
平成17年(2005) 宮戸英明が代表取締役に就任する。

かりんとう伝説